サイトがリニューアルいたしました。スマホにも対応して以前より見やすくなりました。
商品も前よりもたくさんラインナップしました。ご注文をお待ちしております。

オリジナルキーホルダー制作の専門サイトです

キーホルダーはもともと鍵(キー)を持つ(ホールド)ためのものを現した和製英語で、鍵を付けて携帯するという機能のみでしたが、 いつの間にかキーホルダーそのものをおしゃれグッズとして携帯するようになりました。 キーホルダーの材質は金属、プラスチック、皮、陶器などさまざまありますが、 金属製のものは金属を溶かして作ったり金属にダイヤモンドやレーザーなどで彫刻したりして作成するものまであります。 プラスチック(アクリル製)のものでは溶着したりプレスしたり、またレーザーで傷をつけてインクを流し込むものや、 シルク印刷などで直接インクを刷りこむものもあります。また、皮(革)製のものは焼印のようにして文字やデザインがいれてあるものもありますが、 無地でも高級感や重厚な感じがして永く使えるものがあります。このようにキーホルダーは様々な種類がありそれぞれのニーズに応える形で役立っています。
弊社ではハメパチタイプのキーホルダーを取り扱っています。ハメパチとは原稿を裏表の2枚入れてフタをパチンとしめて作成するものになります。 あなただけのオリジナルデザインでキーホルダーを作ってみませんか。
パーツご注文時にお客様データの印刷と個別カットのサービスです。クラフトパンチが無いためにご注文をためらっていたかたも、 このサービスがあるからどんな携帯ストラップやキーホルダーを作成可能です。格安で承っています。

キーホルダーの形状

弊社で取り扱っているキーホルダーの形状は下記の種類になります。円形や長方形が人気になりますが、 ボード形、星形、Tシャツ形、ピック形という面白い形状もございますのでお客様にピッタリな形状をお選びいただければと思います。

Tシャツ形(大)

Tシャツ形(大)

Tシャツ形(大)のプラキー外形は約52×62ミリになります。(原稿のサイズは約44×54ミリです。) 野球チームのオリジナルグッズをイメージして作成してみました。

スティック形

スティック形

スティック形のプラキーの外形は約19×61ミリになります(原稿サイズは約15ミリ×57ミリです。) あの伝説の有名番組のタイトルパロディで作ってみました。

カード形(小)

カード形(小)

カード形(小)のキーホルダーの外形は約58×43ミリになります(原稿サイズは約50ミリ×35ミリです。) 博物館の入館記念として配布するのをイメージして作ってみました。

カード形(大)

カード形(大)

カード形(大)のキーホルダーの外形は約78×55ミリになります(原稿サイズは約68ミリ×45ミリです。) カーディーラーの試乗会イベントの販促物をイメージしてみました。

ダイヤ形

ダイヤ形

ダイヤ形のキーホルダーの外形は約36×36ミリになります(原稿サイズは約27ミリ×27ミリです。) 美容室のお客様に配る記念品をイメージして製作してみました。

ピック形

ピック形

ピック形のキーホルダーの外形は約37×37ミリになります(原稿サイズは約32ミリ×32ミリです。) ロックバンドのロゴとバンド名を入れて製作してみました。

ナスカン円形

ナスカン円形

ナスカン円形のキーホルダーの外形は約48ミリになります(原稿サイズは約40ミリです。)

ナスカン四角形

ナスカン四角形

ナスカン四角形のキーホルダーの外形は約41ミリ×41ミリになります(原稿サイズは約33ミリ×33ミリです。)

ナスカン長方形

ナスカン長方形

ナスカン長方形のキーホルダーの外形は約52ミリ×32ミリになります(原稿サイズは約46ミリ×26ミリです。)

日本全国通販で日本中へ発送しています

キーホルダーファクトリーでは2003年よりオリジナル制作のサービスを提供させていただいております。 日本中のお客様より通信販売にてご注文をいただき、お客様のデザインを元に作成しまして全国発送しております。

自作用のキーホルダーパーツ販売もしています

キーホルダーを自分の手で作成してみたいという方のために、キーホルダーのパーツのみの販売も行っています。 お気に入りの写真やご自身でデザインされたものをハサミなどでカットして本体に挿入し 「パチン」とフタを閉めれば誰でも簡単にオリジナルのキーホルダーが作れます。 またクラフトパンチとキーホルダーのセット販売ものありますので、 詳しくは左のメニューの「手作りしたい人のための自作用パーツ販売 」の 各パーツのページをご覧下さい。

様々なお客様からご注文をいただいております

キーホルダーファクトリーではチーム、クラブ、企業など少数から多数の方よりご注文をいただいております。 用途もクラブ、チーム内のロゴやマークを用いたもの、企業の社名や社訓などを入れたもの、 メーカーの商品名やコピーを入れた販売促進用途のものなど様々にご利用されています。